空き家に住みませんか?

こんにちは!

新潟も梅雨入りしましたね。

暑くてジメジメした感じが新潟の夏って感じでしょうか(;^ω^)でも、以前は四季を十分に感じながら快適に暮らしていましたよね。

 

最近、十日町市では「空き家」が目立ちます。

この「空き家」壊すのは簡単です。

しかし、おのじま建設は家の一生を見守る立場として、必要としている方に是非

住み続けて頂きたいのです。

都会から移住したい方、アパートから出たい方など。

訪ねてみるとまだまだ使える素晴らしいお家がたくさんあります。_DSC4500こんな感じで!

 

ちなみに

日本とイギリスの住居の違い

                       日本     イギリス

総住宅数          6,063万戸        2,337万戸

空き家数             820万戸     61万戸

空き家率                13.5%        2.6%

新設住宅着工戸数(年間)       88万戸      13万戸

こうして見ると空き家は増えるべくして増えていることがわかります。新築を作り過ぎですね!

どんどん時代は多様に変化している一方、リサイクル、リユース、リノベーションなスクラップアンドビルド(建てて壊すの繰り返し)の時代は終わりました。

日本の住宅建築技術は素晴らしい!

是非、そんな素晴らしい住宅を次の時代へ残したいと思います。

「空き家」を探している方、もしくはそんな方を知っている方は是非

㈱おのじま建設へ御連絡下さい。

地元密着だからこそお伝えできることが必ずあります!

 

 

カテゴリー: リフォーム, 感動発見! | 投稿日: | 投稿者:

onojima について

「注文住宅専門!」のおのじま建設。 お客様と共につくる家づくりを心掛けています。 豪雪地十日町市松代で現会長の小野嶋哲雄がS47年に小野嶋建築として営業を始める。 現在は息子の小野嶋慎介が社長を務めている。 時代は急速に変化するが 松代にはなくてはならない!と言われるような地域に根付いた活動を 心掛けて邁進中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です