月別アーカイブ: 2015年10月

祝!十日町U邸様上棟式

昨日夕方、十日町市U邸様の上棟式をとりおこなわせて頂きました。
_DSC3340

_DSC3352
_DSC3359
U邸様は、耐雪のお宅です。
今まではお母さんが雪堀りを人に頼んでして頂いていたそうです。
敷地の問題などもあり、雪のやり場に大変ご苦労なさっていられたそうです。
しかし今年の冬からは暖かく、雪掘りの心配もないということで大変喜んでくださいました。
_DSC3339

_DSC3338
この日はご家族揃って工事の無事を御祈願されいてました。
式が終了してから棟梁の挨拶の後、施主様が自ら拍手をされてました。
「ありがとう!」の気持ちだとおっしゃっていました。
とてもあたたかい気持ちになれた瞬間でした。

ちなみに
今回は餅まきは行いませんでしたが昔は上棟式と申しますと「餅まき」をしたものです。

「何故餅まきをするのか?」
家を建てることは大きな厄災を招くという考えがあり、その厄を避けるために餅や小銭をまいて他人に持って帰ってもらうという説があります。
古い時代には、家を建てるということは、(地域)の共同体による共同作業でした。
「家を建てる」=「富がある」ということの象徴で、その富を地域の共同体で分け与えることで、厄災(家を建てられない人の嫉妬も有ったと思います)を避けるために、神饌であり保存食でもある『餅』や富の分配の形としての『小銭』をまく(分配する)ことが、地域の共同体の中での生活を円滑におこなうための習慣だったようです。

家を建てるということは地域に密着し、地域の方と共に協力して生きて行くということなのですね!
我社としては快適な生活を提供させて頂き、地域の方々と施主様が笑顔で暮らして行ける事を
目標に今後も精進してまいりたいと思います。
_DSC3406

豪雪 庄屋の館「大棟山美術博物館」

すっかり寒くなりました昨日は北海道の平地でも初雪が観測されましたね。
10月24日は「霜降」そうこうでしたね!
20151024_101913
霜降とは秋の24節気の最後の節目です。
山の粧いが里へ広がり山々が得も言われぬ美しさを極めて行きます。

ということで松之山にある「大棟山美術館」(坂口安吾記念館)を訪ねてみました。
杉の木立の間にある苔の蒸した階段を登ってゆくとそれは見えてきます。
20151024_101350 (1)
20151024_101658

こちらは平成元年に、村山家31代当主が700年に近い歴史を持つ村山家旧家と庭を博物館にしたものです。
坂口安吾はもともと、松之山随一の旧家である村山家に祖母の貞と姉のセキが2代続けて嫁いだ縁で昭和5年から30年にかけて頻繁に松之山を訪ねていたそうです。

建物の中は700年の歴史を感じる屏風や骨董品の数々が展示されていました。
安吾が使用していた書斎にはたくさんの書物が残されており、庭園に面した廊下には安吾の姿が見えるようでした。
20151024_103948
園内には湧き水がでており以前は「越の露」という日本酒の酒蔵があったそうです。
口に含むとまろやかでいて力強いお酒を想像できるお水でした。
建物は実に700年の歴史ということ!
静かなたたずまいの中にその姿はどっしりと奥ゆかしい文化を残しているようでした。
そこには日本建築の素晴らしさをまた再確認しました。

是非一度訪れてみてはいかがですか?
(雪の為冬季は11月中旬まで)

20151024_103209
20151024_105105

古きを訪ね新しきを知る!

皆様10月の3連休どの様に過ごされましたか?
今回の連休はあいにくのお天気でしたね。
山々は日々色づきはじめ美しい情景を目にする機会も増えて参りました。

今回は福島のある酒蔵を見学して参りました。
(本当は喜多方にラーメンを食べに行ったのですが(;’∀’))

喜多方の街をプラプラお散歩しているととっても歴史を感じるたたずまいの蔵を発見!
見学無料ということで早速中へ~
2015-10-12 12.38.23
2015-10-12 13.13.39

2015-10-12 13.14.31

敷地には日本の伝統を感じる蔵がいくつも連なっています。

入口を入るとまずは「江戸蔵」
2015-10-12 12.39.07
そして「大正蔵」
2015-10-12 12.41.21
そして「昭和蔵」と続いていました。

「江戸蔵」には大和川酒造様の歴史、お酒ができるまでの工程やお米に対するこだわりなど
沢山の資料や展示物がありました。
敷地内には酒造りには欠かせないお水もふんだんに湧き出ていました。
展示物はお酒のことをあまり知らない人にも解かりやすくしかも親切に展示されていました。
「大正蔵」にはこちらで造られた数々の銘柄が整然と並べられていました。
更に中に進むと、「昭和蔵」がありこちらでは、コンサートや試写会などが催されるとの事でした。
この蔵の前では、地域の方がご自分の制作した陶器や押し花、盆栽などを展示販売されていました。

さらに歩みを進めるとそこには試飲スペースがありこちらの酒蔵で造られているお酒を試飲することができます。
お酒を選ぶときのポイントや、お酒はお米の種類や麹の割合、熟成期間などで全く味が変わるものだとお伺いしました。
2015-10-12 13.12.00
もちろんいちばん人気のお酒を購入してきました!

古い「蔵」というスペースを利用して「お酒」というものを解かりやすく展示する。
そして味わって納得いくものをご購入頂く。
当たり前かもしれないですが、古き良きものを上手く使って新しい見せ方をしていく。
そしてお客様には大切なものは変わらないという安心感を与えて行く。
だからこの歴史を継承して行けるのだと感じました。
こちらの大和川酒造様は歴史は守りつつ世界にも目を向けられているそうです。

ぶらりな旅でしたがとても充実した時間を過ごさせて頂きました。
2015-10-12 13.11.49
2015-10-12 18.24.49

日本一の巨木 将軍杉

先日のお休みにふらっと阿賀町のほうまで行ってきました。

とっても良いお天気でどこに行くとは決めずに…

爽やかな天気で気持ちいいなぁ~なんて思っていたら「将軍杉」という看板が目にとまり行ってみることにしました。

車を停めて歩みを進めるとそこには
2015-10-04 13.31.58
「平等寺薬師堂」というお寺が見えてきました。
こちらは国の重要文化財で木造建築としては県内最古のものの一つだということです。
さらに先へ進むと林の中に見えてきました。

2015-10-04 13.57.03

2015-10-04 13.44.48

「将軍杉」とにかく大きい!!!

こちらは国の天然記念物にも指定されています。
樹齢1400年、高さ40メートル、幹周り19.31メートル6又の巨木杉でした。

こちらはひんやりしてパワースポットのようでしたよ。

遠くの観光もいいですが、新潟県にはまだまだ面白い素敵なところが沢山ありますよ!

ご興味のある方は行ってみて下さい!

PS.
お寺の前にあった植木鉢の世界
2015-10-04 14.04.32
こ~け~の~む~う~す~う~ま~あぁで~♬

十日町市U邸様地鎮祭

平成27年9月30日(水曜日)
すがすががしい秋晴れのもと十日町市U邸様の地鎮祭をとりおこなわせて頂きました。
_DSC3196

_DSC3129

今回はだいぶ急ぎ足で工事を進めさせて頂きましたので既存の住宅の解体まで時間があまりなくU様には
随分ご無理をおかけしてしまいました。

昨日は幸いお天気も良く、地鎮祭をさせて頂くのには絶好のお天気でした。

御来賓の方やご家族の方々にもご協力を頂きまして、大変素晴らしい地鎮祭となりました。
_DSC3168

_DSC3120

_DSC3119

地鎮祭終了
U様から「素晴らしい!上手く行って良かった!」と弊社会長にお言葉を頂きまして和やかな空気を感じさせて頂き
また心新たに建築に携わらせて頂きたいと思いました。

これから年末までの間に工事を進めて参ります。

U様の期待に応えられるようそして事故のないよう務めさせて頂きます。

ありがとうございました。