カテゴリー別アーカイブ: 感動発見!

妻有ビール見学会!

こんにちは(^^)/

大型寒波で毎日寒い日が続きますね

松代は今日も⛄が降り続いております。

さて

去る12月24日のクリスマス・イヴに、当社が施工・管理させて頂きました「妻有ビール㈱ビール工場見学会」が行われました。

今年の春先より準備を重ね、施工・什器の搬入など、本来は今年中にビールまで完成予定でしたが、色んなアクシデントがありやっとこの日が迎えられることとなりました。

 

仕込みをしてしまうとなかなか工場内に入れなくなってしまうということで、高木さんよりビールができるまでの工程を説明してもらいながらの見学会でした。

見学会は大盛況で、当初予定していた人数より多くの方々(約150名ほど)にご来場頂きました!

感謝いたします(*^^*)

 

 

 

 

 

 

皆さん、興味深く熱心に聞いていらっしゃいました。

 

 

 

ビールが出来上がるのは2月上旬とのことです。

「十日町雪まつり」や、「松代の冬の陣」にはきっと間に合うことでしょう!

愛情のたっぷりこもった妻有ビールが待ち遠しいですね♬

ご来場頂きました皆様、ご支援、ご協力頂きました皆様に心より感謝申し上げます。

 

空き家に住みませんか?

こんにちは!

新潟も梅雨入りしましたね。

暑くてジメジメした感じが新潟の夏って感じでしょうか(;^ω^)でも、以前は四季を十分に感じながら快適に暮らしていましたよね。

 

最近、十日町市では「空き家」が目立ちます。

この「空き家」壊すのは簡単です。

しかし、おのじま建設は家の一生を見守る立場として、必要としている方に是非

住み続けて頂きたいのです。

都会から移住したい方、アパートから出たい方など。

訪ねてみるとまだまだ使える素晴らしいお家がたくさんあります。_DSC4500こんな感じで!

 

ちなみに

日本とイギリスの住居の違い

                       日本     イギリス

総住宅数          6,063万戸        2,337万戸

空き家数             820万戸     61万戸

空き家率                13.5%        2.6%

新設住宅着工戸数(年間)       88万戸      13万戸

こうして見ると空き家は増えるべくして増えていることがわかります。新築を作り過ぎですね!

どんどん時代は多様に変化している一方、リサイクル、リユース、リノベーションなスクラップアンドビルド(建てて壊すの繰り返し)の時代は終わりました。

日本の住宅建築技術は素晴らしい!

是非、そんな素晴らしい住宅を次の時代へ残したいと思います。

「空き家」を探している方、もしくはそんな方を知っている方は是非

㈱おのじま建設へ御連絡下さい。

地元密着だからこそお伝えできることが必ずあります!

 

 

達成させて頂きました!

こんにちは!
今日は当社会長の行っているクラウドファンディングについてのご報告です。

当社会長が3月30日~5月24日まで
「人口3,400人を下回る新潟県を早成桐でもう一度盛り上げたい!」
というクラウドファンディングをおこなっていました。
https://readyfor.jp/projects/kousakuhoukichi/comments
20160519_181857
この事業はクラウドファンディングという仕組みを使ってインターネットを通じて資金提供を呼びかけるものです。
「ALLorNOTHING」という仕組み上、目標金額に1円でも達しないと不成立になってしまいそれまで集まった支援金受け取れなくなってしまう仕組みです。

<内容はこちら↓>
【生まれ育った故郷にもう一度潤いと活力を与え、恩返ししたい!】
「早成桐」は5〜6年で成木化し、温室効果ガス削減固定料は杉の約3.5倍以上と言われています。
かつては農業の盛んだった松代ですが、今は使われなくなってしまった肥よくな良い土壌に早成桐を植栽し
地域内循環社会を構築したいのです!
その為に、早成桐の苗の購入費用が不足しております。この活動には皆様のお力が必要です!
どうかご協力頂けないでしょうか。
【ご支援特典には、地域の特産物がたくさんあります!】
・赤毛農園のしょうゆの実
・地元母ちゃんの手作りあんぼ
・山菜詰め合わせ
・貸民家みらいの手造り「どぶろく720ml」
・まつだいカールベンクスハウス1F「澁い」のお食事券など
【ご支援方法】
こちらのURLhttps://readyfor.jp/projects/kousakuhoukichiにアクセスして頂くかインターネットで
「レディフォー新潟県松代 早成桐」と検索して下さい。または別紙の「購入申込書」をご利用下さい。
*2,000円からご支援頂けます!
【その他】
・ご不明な点は小野嶋哲雄の電話番号またはアドレスまでお問い合わせ下さい!
電話番号 090-2530-8733   アドレスgreen_edc_tokamachi @yahoo.co.jp
皆様のご協力をお待ち致しております!

こちらのプロジェクトを3月30日より行わせて頂いておりました。
そして昨日5月24日の締め切りには目標500,000円のところ、554,000円(達成率110%)という大きな金額をご支援頂くことが出来ました。

多くの方々のあたたいご支援に心より感謝申し上げます。

㈱おのじま建設も「木」を扱うものとして、松代に住み守りゆくものとして今後もこの事業を通して多くの方々に夢と希望を与えて行きたいと考えています。
5年のすれば桐は成木となりこの地域の産業に役立つでしょう!
それまでしばらくの間応援宜しくお願い致します。

ご協力頂きました皆様には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
16-05-23-17-42-54-244_deco

いいお天気です!

20160208_083648[1]
月曜のスタートダッシュから素晴らしいお天気ですね(^^)/
気温は-6でしたがキーンと冷えた空気と澄んだ青空でとっても気持ちのいい朝でした。

今週はお天気の日が続くようですね!

光のシャワーをいっぱいに浴びて今週も楽しんで頑張りましょう!

安久津八幡宮

先日山形のお友達を訪ねてきました。
山形は何度か行ったことがありますが、観光らしい観光はしたことがなくてこの日はお友達に
山形観光に連れて行って頂きました。

私が古いものが好きなのを知っているお友達は「安久津八幡宮」へ連れて行ってくれました。
車を停めてすぐに「三重の塔」が目に飛び込んできます。

安久津八幡神社 三重塔

安久津八幡神社 三重塔


建立 江戸時代 寛政9年(1797年) 指定 県指定文化財
三重塔は神社入り口の左にある三島池の中島に建つ最初米沢の豪商鈴木十左衛門 高畠の鈴木平右衛門らの寄進で寛永2年(1625年)に建立したが寛政2年(1790年)に烈風により倒壊したその後伊達郡の山口右源次義高を棟梁として再建に着手 寛政9年(1797年)に完成したのが現在の塔だそうです。

舞楽殿

舞楽殿


鳥居をくぐり真っ直ぐ歩みを進めるとまずは「舞楽殿」が見えてきます。
こちらは春と秋の2回「延年の舞」がおこなわれるそうです。

そして静寂という空気の中さらに奥へと歩みを進めると見えてきました
「拝殿」です。そしてその奥には「本殿」となっていました。
かやぶきの立派な建築物です。
現在ある安久津八幡神社本殿は、宝暦5年(1756年)に上杉家9代目上杉重定再建物と言われています。

拝殿からぐるりと裏側へ廻ってみると本殿の屋根にはとても珍しい「鬼板」がのせられていました。

拝殿と本殿

拝殿と本殿


それぞれ山形県指定重要文化財だそうです。
裏山一帯には安久津古墳群が十数基点するまほろばの里歴史公園となっています。

美しいとしか言いようのないかやぶき屋根と周りを取り囲む暖かな空気感。
まさに「まほろば」という言葉がぴったりの神社です。

澄み渡った空気の中、快晴に恵まれて「まほろばの里」に大興奮の一日でした。

ただ鳥居近くにあったこの石だけがとても謎(*^^*)
20151104_144852

20151104_144900

豪雪 庄屋の館「大棟山美術博物館」

すっかり寒くなりました昨日は北海道の平地でも初雪が観測されましたね。
10月24日は「霜降」そうこうでしたね!
20151024_101913
霜降とは秋の24節気の最後の節目です。
山の粧いが里へ広がり山々が得も言われぬ美しさを極めて行きます。

ということで松之山にある「大棟山美術館」(坂口安吾記念館)を訪ねてみました。
杉の木立の間にある苔の蒸した階段を登ってゆくとそれは見えてきます。
20151024_101350 (1)
20151024_101658

こちらは平成元年に、村山家31代当主が700年に近い歴史を持つ村山家旧家と庭を博物館にしたものです。
坂口安吾はもともと、松之山随一の旧家である村山家に祖母の貞と姉のセキが2代続けて嫁いだ縁で昭和5年から30年にかけて頻繁に松之山を訪ねていたそうです。

建物の中は700年の歴史を感じる屏風や骨董品の数々が展示されていました。
安吾が使用していた書斎にはたくさんの書物が残されており、庭園に面した廊下には安吾の姿が見えるようでした。
20151024_103948
園内には湧き水がでており以前は「越の露」という日本酒の酒蔵があったそうです。
口に含むとまろやかでいて力強いお酒を想像できるお水でした。
建物は実に700年の歴史ということ!
静かなたたずまいの中にその姿はどっしりと奥ゆかしい文化を残しているようでした。
そこには日本建築の素晴らしさをまた再確認しました。

是非一度訪れてみてはいかがですか?
(雪の為冬季は11月中旬まで)

20151024_103209
20151024_105105

古きを訪ね新しきを知る!

皆様10月の3連休どの様に過ごされましたか?
今回の連休はあいにくのお天気でしたね。
山々は日々色づきはじめ美しい情景を目にする機会も増えて参りました。

今回は福島のある酒蔵を見学して参りました。
(本当は喜多方にラーメンを食べに行ったのですが(;’∀’))

喜多方の街をプラプラお散歩しているととっても歴史を感じるたたずまいの蔵を発見!
見学無料ということで早速中へ~
2015-10-12 12.38.23
2015-10-12 13.13.39

2015-10-12 13.14.31

敷地には日本の伝統を感じる蔵がいくつも連なっています。

入口を入るとまずは「江戸蔵」
2015-10-12 12.39.07
そして「大正蔵」
2015-10-12 12.41.21
そして「昭和蔵」と続いていました。

「江戸蔵」には大和川酒造様の歴史、お酒ができるまでの工程やお米に対するこだわりなど
沢山の資料や展示物がありました。
敷地内には酒造りには欠かせないお水もふんだんに湧き出ていました。
展示物はお酒のことをあまり知らない人にも解かりやすくしかも親切に展示されていました。
「大正蔵」にはこちらで造られた数々の銘柄が整然と並べられていました。
更に中に進むと、「昭和蔵」がありこちらでは、コンサートや試写会などが催されるとの事でした。
この蔵の前では、地域の方がご自分の制作した陶器や押し花、盆栽などを展示販売されていました。

さらに歩みを進めるとそこには試飲スペースがありこちらの酒蔵で造られているお酒を試飲することができます。
お酒を選ぶときのポイントや、お酒はお米の種類や麹の割合、熟成期間などで全く味が変わるものだとお伺いしました。
2015-10-12 13.12.00
もちろんいちばん人気のお酒を購入してきました!

古い「蔵」というスペースを利用して「お酒」というものを解かりやすく展示する。
そして味わって納得いくものをご購入頂く。
当たり前かもしれないですが、古き良きものを上手く使って新しい見せ方をしていく。
そしてお客様には大切なものは変わらないという安心感を与えて行く。
だからこの歴史を継承して行けるのだと感じました。
こちらの大和川酒造様は歴史は守りつつ世界にも目を向けられているそうです。

ぶらりな旅でしたがとても充実した時間を過ごさせて頂きました。
2015-10-12 13.11.49
2015-10-12 18.24.49

日本一の巨木 将軍杉

先日のお休みにふらっと阿賀町のほうまで行ってきました。

とっても良いお天気でどこに行くとは決めずに…

爽やかな天気で気持ちいいなぁ~なんて思っていたら「将軍杉」という看板が目にとまり行ってみることにしました。

車を停めて歩みを進めるとそこには
2015-10-04 13.31.58
「平等寺薬師堂」というお寺が見えてきました。
こちらは国の重要文化財で木造建築としては県内最古のものの一つだということです。
さらに先へ進むと林の中に見えてきました。

2015-10-04 13.57.03

2015-10-04 13.44.48

「将軍杉」とにかく大きい!!!

こちらは国の天然記念物にも指定されています。
樹齢1400年、高さ40メートル、幹周り19.31メートル6又の巨木杉でした。

こちらはひんやりしてパワースポットのようでしたよ。

遠くの観光もいいですが、新潟県にはまだまだ面白い素敵なところが沢山ありますよ!

ご興味のある方は行ってみて下さい!

PS.
お寺の前にあった植木鉢の世界
2015-10-04 14.04.32
こ~け~の~む~う~す~う~ま~あぁで~♬

新潟県立自然科学館

秋が足早にやってきましたね。
b8a322cf7e48831017f18474d52b143341ce9cf1
みなさんはどんな秋をお過ごしでしょうか?

食欲の秋、読書の秋、睡眠の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・・・

ということで私は先日、学習の秋を体験してきました。

新潟市にあります県立自然科学館へ行ってきました。
こちらの施設は子供から大人まで科学と自然のことが体験を通して学べます。

最近星空が見れないのでプラネタリウムを見てそのあと館内をプラプラしていたらこんなものを見つけました。

新潟県の水、緑の山々、森林について
20150906_162119[1]

20150906_162055[1]

20150906_162049[1]
こちらは杉と松の年輪。
20150906_162002[1]

20150906_161946[1]

20150906_161927[2]

新潟県は県総面積の68パーセントが森林で約86万ヘクタール(東京ドーム18万個)にもなります。杉、松、ブナ等多種多様な樹木が生育していて杉は
「越後杉」としてブランド化され当社でも住宅の材料としてお勧めしております。冬、森林に降り積もる雪は、県内の農業や漁業を支える大切な水を生み出します。森林は水を蓄え地下へ浸透し県内の産業が発展するための基盤となっています。

と記してありました。
どちらも樹齢130年の大木でした。
この歴史を刻んだ大木を私用して家は建てられます。
木のことをよく知り、その土地の風土に合った家を建てることはとても大切なことだと感じました。

新潟県は面積の半分以上を森林に囲まれ本当に空気も水も食べ物もおいしい地域です。
この自然豊かな土地を守り、受け継ぎ新しい革新にもチャレンジする。
それはきっと家を建てることに似ているのかもしれません。

家も家族の歴史も一年ずつ大切に受け継がれ大きくなり、この大木のように
大きく育てて行く。

そんな家づくりの御手伝いをして行きたいと思います。

市村久子さん「Yume織」展

秋風の心地よい季節になりましたね。

今日は松代町内にありますカールベンクスハウス「澁い」にお伺いしてきました。

こちらでは今、市村久子さんのお着物と帯の作品展が開催されています。
20150903_163700

20150903_165147

20150903_164428-1

ひとつひとつ丁寧に仕上げられた作品はとてもかっこよく素敵でした。

頂いたしおりには
「機織りが好き、着物が好き」という思いでこの制作の道に入り込んでいったように思えます。と記してありました。

人が感動し魂を揺さぶられるものは最初に芽生えた純粋で真っ直ぐな想いが届くことなのではないかと感じました。

ひとつひとつ真心込めてものを創りあげるという観点からは当社も一緒です。
その方を想い、その方の笑顔を想像し、魂を込めて家を建てさせて頂く。
そして何より家が好きだということ。
このことを忘れないようにこれからも日々精進したいと思います。

地域の活性化のことにまで話は及び、Sayakoさんとは大変貴重なお話をさせて頂きました!
近いうちに澁いをお借りしてイベントも計画中です(*^^*)

お楽しみに!