カテゴリー別アーカイブ: 未分類

秋のクリナップフェア

🌰クリナップフェアのご案内🌰

10月13(土曜日)、14(日曜日)AM10:00~PM4:00までクリナップフェアが開催されます!
場所は、道の駅クロステン十日町です。

今、松たか子さんがCMしている新商品STEDIAを中心にご紹介いたします。
その他、お風呂、洗面台、トイレからガスコンロまで実演ありの展示会です。
観て、聞いて、触って体感できる楽しい展示会です♪

ご来場記念として、ブルックリンのメイプルラウンドをもれなくプレゼント!その他、ご来場の時間をご予約いただくと、500円分のクオカードももらえます。
さらに、ご成約でガラポン抽選会、お見積もりプレゼントなど盛りだくさん♪

新しい商品を見てみたい!
リフォームを考えている!
友達に誘われた!
暇だからちょっと覗いてみたい!
など、どなたでもご来場頂けます。

稲刈りも終わってらっくり。
キナーレで日帰り温泉ついでにでも寄ってみてね(^o^)/

 

クリナップフェアご案内

<iframe src=”https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fonojima.kensetu%2Fposts%2F970668419782197&width=500″ width=”500″ height=”721″ style=”border:none;overflow:hidden” scrolling=”no” frameborder=”0″ allowTransparency=”true” allow=”encrypted-media”></iframe>

ご来場ありがとうございました!

4月1日(土)、2日(日)二日間に渡り開催させて頂きました、見学会はお天気にも恵まれ多くの方々に来場頂きまして無事に終了させて頂きました。

シックな外観で頑丈な基礎のお宅

シックな外観で頑丈な基礎のお宅

当社と致しまして久しぶりの見学会でしたし、チラシ掲載などが間に合わずタイムスメールとポスティングでの告知でしたのでご来場頂けるか心配しておりましたが、二日間で大変多くの方よりご来場頂きました。

「十日町地域初!の地中熱利用の家」というとで地中熱に興味がある!という方も何名もいらっしゃいました。

車庫にある地中熱利用の装置

車庫にある地中熱利用の装置

11畳と6畳の広々とした和室

11畳と6畳の広々とした和室

越後杉の梁

越後杉の梁

 

 

 

 

 

ご説明させて頂くと、皆様興味深々で真剣に聞いてくださり、柔らかな温かさと仕組み、ランニングコストの低さに感動されていました。

 

 

 

女性の方はやはり最新のキッチンに興味があるようでした。食器洗浄機付のキッチン、流れるシンク、収納の多さなど。新しいお宅を見て頂いてご自分のお宅でもリフォームの夢が膨らんでいらっしゃるようでした。

キッチン造りつけの収納庫

キッチン造りつけの収納庫

 

 

 

 

 

多くの方々のご来場に心より感謝申し上げます。

そして、何より快くご自宅をご提供下さいました施主様にも感謝致します。

今後も昔からあるものは大切に、新しい者も上手く取り入れ、お客様の夢を現実化するお手伝いをさせて頂きたいと思います。

皆様のご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

行政代執行!

2016年も大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い致します。

今年は今、深刻なこの問題をお伝えしたいと思います。

それは「空き家」の問題です。
ここ数年高齢化、過疎化により空き家問題が深刻化しています。

空き家一例

空き家一例

とうとう十日町市松之山でも「空家対策特別措置法」に基づき行政代執行が行われたというお話です。

空家等対策の推進に関する特別措置法に基づき行政代執行により特定空家を取り壊す。
内容は「平成25年の冬以降、雪下ろし等の管理がなされなかったため、平成27年2月に一部倒 壊し、今後の降雪状況によっては市道、隣家への倒壊の危険性が非常に高いため、解体、撤去を行うものです。

*詳しくはこちら
kaiken20170110-6

まだ解体はされていないようですが空き家を処理せずほったらかしにしておくと行政が入って今回のように強制的に処分されることがあります。

ご先祖様や親から引き継いだけど住んでいないから関係ない!
では済まされません。

どの様に手続きするべきか?
解体費用は?
残すことはできないの?

など少しでも不安な事があればご相談下さい!

ちなみに、十日町には「空き家バンク」という制度もあります。
壊すだけではなく受け継いで活用して行くことも一緒に考えましょう!

当社はあなたのお家が生まれた時から最期までサポートさせて頂きます。

達成させて頂きました!

こんにちは!
今日は当社会長の行っているクラウドファンディングについてのご報告です。

当社会長が3月30日~5月24日まで
「人口3,400人を下回る新潟県を早成桐でもう一度盛り上げたい!」
というクラウドファンディングをおこなっていました。
https://readyfor.jp/projects/kousakuhoukichi/comments
20160519_181857
この事業はクラウドファンディングという仕組みを使ってインターネットを通じて資金提供を呼びかけるものです。
「ALLorNOTHING」という仕組み上、目標金額に1円でも達しないと不成立になってしまいそれまで集まった支援金受け取れなくなってしまう仕組みです。

<内容はこちら↓>
【生まれ育った故郷にもう一度潤いと活力を与え、恩返ししたい!】
「早成桐」は5〜6年で成木化し、温室効果ガス削減固定料は杉の約3.5倍以上と言われています。
かつては農業の盛んだった松代ですが、今は使われなくなってしまった肥よくな良い土壌に早成桐を植栽し
地域内循環社会を構築したいのです!
その為に、早成桐の苗の購入費用が不足しております。この活動には皆様のお力が必要です!
どうかご協力頂けないでしょうか。
【ご支援特典には、地域の特産物がたくさんあります!】
・赤毛農園のしょうゆの実
・地元母ちゃんの手作りあんぼ
・山菜詰め合わせ
・貸民家みらいの手造り「どぶろく720ml」
・まつだいカールベンクスハウス1F「澁い」のお食事券など
【ご支援方法】
こちらのURLhttps://readyfor.jp/projects/kousakuhoukichiにアクセスして頂くかインターネットで
「レディフォー新潟県松代 早成桐」と検索して下さい。または別紙の「購入申込書」をご利用下さい。
*2,000円からご支援頂けます!
【その他】
・ご不明な点は小野嶋哲雄の電話番号またはアドレスまでお問い合わせ下さい!
電話番号 090-2530-8733   アドレスgreen_edc_tokamachi @yahoo.co.jp
皆様のご協力をお待ち致しております!

こちらのプロジェクトを3月30日より行わせて頂いておりました。
そして昨日5月24日の締め切りには目標500,000円のところ、554,000円(達成率110%)という大きな金額をご支援頂くことが出来ました。

多くの方々のあたたいご支援に心より感謝申し上げます。

㈱おのじま建設も「木」を扱うものとして、松代に住み守りゆくものとして今後もこの事業を通して多くの方々に夢と希望を与えて行きたいと考えています。
5年のすれば桐は成木となりこの地域の産業に役立つでしょう!
それまでしばらくの間応援宜しくお願い致します。

ご協力頂きました皆様には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
16-05-23-17-42-54-244_deco

街中住み替え促進事業

十日町市に住んでいる方にお得な情報を今後配信して行きます!

今回は助成金について。

「街中住み替え促進事業」
十日町市は過疎化が進み
お年寄りが山間地域で一人で住んでいることも多いですよね。
冬の雪おろしや買い物、健康管理など不便なことも多いです。

街中住み替え促進は「市の顏」であり「拠り所」である市街地に活力を取り戻しまちなかのにぎわいを、十日町市の元気へつなげていくことで「選ばれて住み継がれる十日町市」を創り出すために、市民・事業者・関係団体・行政などが今後概ね5年間の間に取り組む事業を計画としてまとめたものです。
街中へ移り住むことで空き家となった家を撤去する費用の一部に補助が出ます。
国としても空き家対策措置法などの取り組みをしています。
一緒に考えてみてもよい問題ではないでしょうか?

*補助対象となる者
以下の要件全てを満たす者
1)中心市街地区域への住み替えにより住み替え前の住宅を除却すること。
2)市に住民登録を行っていること。
3)市税を滞納していないこと。
4)補助金交付決定後除却し、その年度の3月末までに完了すること。
5)中心市街地区域内に住み替え後、1年を超えて確実に住み続けること

*詳しいことは*
http://www.city.tokamachi.lg.jp/life_event/L006/1454587994770.html
*ご案内*
http://www.city.tokamachi.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/26/matinaka.pdf

あと1か月

こんにちは!
日を追うごとに涼しくなっております。

ここ松代ではもう窓を開けては眠れないほど夜は寒いです。

今日は事務所の隣の畑で老夫婦が「やつがしら」と「ずいき」を収穫されていました。
やつがしらはずいきの根の部分で葉っぱはこんな感じ
2015-08-27 17.02.20

事務担当の者と「ここの畑の収穫が終わると寂しくなるんだよね」なんて話しておりました。

さて
先月より建築中の上越M邸様
DSCN0359
こんな感じ(*^^*)

来月下旬にはお引き渡しの予定です。
DSCN0355

今年の冬はご家族そろって暖かく過ごして頂けることでしょう。

あと1か月事故のないよう努めさせて頂きます。

夢は牛のお医者さん

めっきり涼しくなりましたね!

先週はお盆休みを頂きましてありがとうございました。
家族との時間と大地の芸術祭巡りを楽しませていただきました。

昨夜は柏崎市アルフォーレで「夢は牛のお医者さん」という映画を観てきました。

この映画は一人の少女が牛のお医者さんになるという夢を叶えるまでのドキュメンタリー映画です。
20150821_222139

夢を持つことは誰でもできることですがその思いを継続し夢を叶えることは簡単ではない。

出来ると信じ、信念を持って生きて行く。

知美さんはきっとこれを成し遂げたのでしょう。

それには地域の方々の温かいまなざしとご家族の何にも代えられない協力と応援があったと思います。
(当社も莇平地域の方がそして高橋様にはいつもご協力いただいております)

映画の中で「受験に合格する自信はありますか?」という記者の問いに
「自身がなければ受けません」と言い切った知美さんは凛として素敵でした。

映画の後、知美さんにメッセージしたら「この映画を観て故郷を思いだし少しでも誇りに思ってもらえたらあり難いです」と返信頂きました。

当社もお客様の夢を叶えることが最も大切な夢になります。

そして夢を叶えたお客様が笑顔で暮らしていけることが現実であり喜びです。

知美さんのように強い思いと行動力こでれからも夢を叶えるお手伝いをさせて頂きたいと思います。

とても素晴らしい映画でした
ありがとうございました(*^^*)

ちなみに本日2:00より再度上映される予定です!

栄村の田舎工房様 祝グランドオープン!

こんにちは(^^)/

暑い暑いと言っていても日増しに秋に近づいていますね。

植えたばかりだと思っていた稲がだんだん実をつけてきましたよ。

さて
8月月2日(日曜日)に栄村でお世話になっておりました「田舎工房」様がグランドオープンしました。
北信越の農産物を中心に豊富に品揃えされ、訪れる観光客に
喜ばれています。

_DSC3082

_DSC3059
_DSC3060

ちなみに栄村とは
栄村と津南町にまたがる「苗場山麓」が日本ジオパーク認定を受けた場所でもあります。
•ジオパーク認定条件
  (出典:島原半島世界ジオパーク http://www.unzen-geopark.jp/first)

  1:学術的に貴重な地形・地質遺産や美しい自然環境が複数あること
  2:それらが保護されていること
  3:それらをうまく利用した人々の暮らしや文化、歴史があること
  4:それらの貴重さやすばらしさを、誰もが学習・体験できるしくみが
    整備されていること
  5: そのしくみが長年にわたって機能し、一定の実績を上げていること
  6:これらの取り組みを持続可能な方法で推進することができる組織があること

地形や地質、美しい自然環境だけでなく、そこで収穫された農作物や、それを活かした加工品、そして祭事、民話、歴史、方言なども重要な構成要素とされます。
また、保護を目的とする世界遺産とは異なり、環境教育や科学教育の場として整備・活用されることが望まれます。

苗場山麓ジオパーク
http://naeba-geo.jpn.org/geo_park

ますます栄村が全国の方々に愛され続ける地域であって欲しいものです。

是非この夏「大地の芸術祭」とともに訪れてみてはいかがですか(*^-^*)
_DSC3065

上越M邸様上棟式!

こんにちは(^^)/

毎日暑い日が続きますね!

みなさん体調など崩されていませんか?

こんな暑い毎日でも着々と作業は進んでおります。

先日アップさせていただきましたM邸様!
20150717172534
中の一部はこんな感じ!

20150717172520
こんな感じになって来ました(*’▽’)

明日は上棟式を執り行わせていただきます。

ちなみに…
「上棟式」の基本知識

上棟式(じょうとうしき)とは、日本で建物の新築の際に行われる祭祀である。棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)、建舞(たてまい)ともいう。上棟式には神道様式や仏教様式がある。

竣工後も建物が無事であるよう願って行われるもので、通常、柱・棟・梁などの基本構造が完成して棟木を上げるときに行われる。式の方法や次第には神社の祭祀のような規定はなく、地域による差異もある。屋上に祭壇を設けそこで祭祀を行うものや、祭壇のみ屋上に設けて祭祀は地上で行うもの、祭壇も祭祀も地上のものの区別もある。神社本庁では「諸祭式要鋼」で上棟式の基準を示している。それによれば、祭神は屋船久久遅命(やふねくくのちのみこと)、屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)、手置帆負命(たおきほおいのみこと)、彦狭知命(ひこさしりのみこと)および当地の産土神である。まず、他の祭祀と同様に修祓・降神・献饌・祝詞奏上が行われる。次に、上棟式特有の儀礼として、曳綱の儀(棟木を曳き上げる)、槌打の儀(棟木を棟に打ちつける)、 散餅銭の儀(餅や銭貨を撒く)が行われる。最後に、他の祭祀と同様に拝礼・撤饌・昇神・直会(なおらい)が行われる。

建前、棟上とは普請を生業にする職人がいる地域では、棟梁(大工)が中心になり大工の作成した番付表(組み立て手順書の様な物)を見て鳶職が軸組みの組み立てを行い一番高い棟木を設置する一連の作業を指す。その最後の作業からその後の儀式を上棟式、棟上式という。

20150717_175527
明日上棟式で使用する棟木です。
(手軽に組み立てられると思ったのですが意外に苦戦しました(;’∀’))

台風も来ているようですがきっとお天気は味方してくれるでしょう!

今日も無事に過ごさせていただいたことに感謝です。